虫歯の影響、治療法を理解する

>

どんな治療をするのか

抜かなくても済むかも

虫歯は最初は表面が溶かされて光沢がなくなります。次に歯のエナメル質が溶かされます。この辺りまでなら麻酔をせずに治療することが多いです。
エナメル質の次は歯の内部に進行していきます。ここまで進行すると麻酔をして削り、詰め物やかぶせ物をする必要があります。
神経まで虫歯が進行すると、虫歯の処置のほかに神経を抜く必要があります。
ここまでは歯を削り、詰め物やかぶせ物、場合によっては神経を抜くことで抜歯する必要はありません。
しかし、これよりも虫歯が進行してしまうと歯を抜かなくては行けなくなります。
抜歯すると差し歯などを作る必要があるので通常よりも費用がかさんでしまいます。自分の歯を大切にし、虫歯を作らないようにしましょう。

抜歯をしなければいけない

歯の根っこしか残っていない、残せても噛むだけの力が歯に残っていないといった場合は歯を抜かなくてはいけなくなってしまいます。
その場合、麻酔をし、差し歯などを作成する場合もある為、治療にかかる時間も治療費も余計にかかってしまいます。また、治療後も麻酔が切れるまでは食べ物を食べることができません。これは万が一口内を噛んでしまっても痛みを感じないために出血したり、熱いもので火傷してしまっても気づかないためです。
特に前歯を抜いた場合、そこから空気が漏れ、活舌が悪くなってしまうこともあります。致命的な問題ではありませんし差し歯を作れば解決しますが、本来は使う必要はないので余計な出費でしょう。
歯医者側としても抜かずに済むならそれに越したことはないそうです。
虫歯にならないように気をつけましょう。


この記事をシェアする

TOPへ