虫歯の影響、治療法を理解する

>

お金がかかる

具体的な金額は

虫歯の治療にかかる金額は虫歯の進行度によって変わります。当然進行が進み、ひどい状態ほど治療費は高くなります。
それでは具体的にいくらくらいかかるのでしょう。
初期の歯のエナメル質が溶かされた程度では1500円から3000円くらいです。歯の一部を削り、レジンというものを詰めます。
中度の虫歯ではエナメル質の下の象牙質というところまで進んでしまっています。この場合の治療費は2000円から10000円ほどかかります。さらに、初期の虫歯は一日一本治療ができますが、中度の虫歯では一本治すのに二日かかってしまいます。
神経を抜かなくてはいけない場合、7000円から20000円かかり、何度も来院しなくてはいけなくなります。
抜歯する場合の金額は難易度で変わります。簡単なものは1500円から2500円程度ですが、難しいものは10000円以上かかってしまいます。

保険適用外の治療

健康保険が使える保険治療では患者さんは本来かかる費用のうち3割を自身で負担することで治療を受けることができます。しかし治療方法や使用する材料などを妥協しなければいけない場合があります。つまり、制限がある中で治療法を選択しなくてはいけません。
保険適用外の治療ならどうでしょう。これなら治療法や材料に制限がないため、最も効果的な治療を受けられますが、全額負担しなくてはいけません。
例えば詰め物をする場合、保険治療ではプラスチックや保険適用金属というものを使用します。金額はプラスチックが1000円、金属が2000円程度です。
保険適用外の治療では貴金属やジルコニアディーバという素材を使うことができます。金額は前者が40000円、後者が38000円程度です。お金はかかってしまいますが、耐久性はプラスチックや保険適用金属よりも断然上です。
このように保険適用外の治療は値が張る代わりに質の高い治療です。


この記事をシェアする

TOPへ